りほの資料室

主に共産党関係の資料を紹介します。リンクフリーです。Twitter@rihoko_2020

共産党員に踏まえておいてほしい統一協会に関する赤旗記事など

 

 

共産党員(自称)がSNS上で、統一協会を「信仰の自由だ」と擁護していた事例がありました。

統一協会は反社会的活動を繰り返して来ている団体で、歴史的にも日本共産党とは相容れない団体です。

日本国憲法は思想・良心・信条・信仰等の自由を保障していますが、反社会的活動を行う自由を保障している訳ではありません。

歴史的にも、赤旗統一協会の反社会的活動を繰り返し告発し、共産党の国会議員も国会で追及。

全国の共産党員が被害者らから相談を受けるなど、党を上げて問題解決に取り組んで来ました。

また、国際勝共連合統一協会と一体の右翼団体で、日本共産党に対するデマを流して、中傷する悪質な団体です。

統一協会の反社会的活動を、共産党員が擁護していると誤解されるような言動は、慎まなければならないことを強調したいと思います。

以下、統一協会に関する赤旗記事など紹介します。

 

統一協会と関係断て 霊感商法全国弁連 国会議員に要望書(2019年9月28日)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-09-28/2019092815_03_1.html

山口弁護士は「私たちは旧統一協会と政治家の関係を警戒しています。安倍晋三首相が旧統一協会と親和的なことから、集会に参加する議員が増えている」としたうえ、「旧統一協会は反社会的行為を組織的に行ってきた団体であり、今もそれを続けています。政治家が関係を持つことは違法活動にお墨付きを与え、反社会的活動の是正が困難になります」と強調しました。

 

統一協会の問題を国会で追及

https://kokkai.ndl.go.jp/#/detail?minId=114205206X01119980428&spkNum=66&single

木島委員 それで、今全国のいろいろな団体、例えば統一協会のいわゆる霊感商法によってたくさんの国民が大変な被害を受けておるんです。私も、もう何件もそういう相談に乗り、解決のために努力をした経験は持っている一人であります

木島委員 統一協会は、先ほど申し上げましたように、全国各地で霊感商法と言われる反社会的なやり方でさまざまな物品を法外な値段で売りつけたりしてたくさんの被害者を生み出しているわけであります。全国でいわゆる金集めの集会なども開いております。

木島委員 大分修飾語が変わりましたから、時間の関係でこの辺にしておきますが、単に入国を法律に基づいてきちっととめるというだけではなくて、現に全国各地で展開されているこういう違法、不当なやり方、これに対しては法務省としてもきちっと監視をするということをお願いしておきたいと思います。

 

反共中傷ビラ 「勝共」関係か発行元とHPアカウント同一(2019年6月30日)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-06-30/2019063015_02_1.html

問題のビラは「『令和』を批判する日本共産党にNO」の表題で、事実無根のデマで日本共産党を中傷し、野党共闘を攻撃しています。

勝共連合 霊感商法などの詐欺的集金活動、集団結婚式などで社会的批判を浴びている旧統一協会(家庭連合に名称変更)と一体の右翼団体

 

山谷国家公安委員長 統一協会直系紙に登場
(2014年11月9日)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-11-09/2014110901_02_1.html

山谷えり子国家公安委員長自民党参院議員)が霊感商法などで多くの事件や問題を引き起こしている統一協会世界基督教統一神霊協会)の直系紙「世界日報」に登場していることが8日、本紙の調べでわかりました。警察行政を監督する国家公安委員長の山谷氏が、こうした統一協会とかかわりを持つことは、その資格が問われます。